浦和は15日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグF組3連勝を懸けアウェーで上海上港と対戦する。

 チームは13日、午前中に約3時間のフライトを経て、中国・上海へ到着。チームは現地時間の午後6時から約1時間15分、トレーニングを行った。小雨が降り気温もかなり下がった中で、体を動かし、防寒した選手たちも「かなり寒い」と話していた。

 入念にジョグ、ストレッチを行い、2組に分かれてボール回しを行った。その後、フィールドプレーヤーは4人一組でパス練習、ロングキックなどを行い、GK陣はシュートストップなどのメニューに取り組んだ。

 その後、ハーフコートの縦をペナルティーエリア幅にしたピッ...    
<記事全文を読む>