リーグ2連勝を飾った浦和は甲府戦から一夜明けた11日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグ第3戦の上海上港戦(15日・中国上海)に向けて全体練習を行った。

 甲府に4―1と快勝しただけあって、終始和やかな雰囲気の中でトレーニングは進んだ。室内調整だった関根を含めて、甲府戦のスタメン組はランニング、ボール回し、12分間のランメニューなど軽めの内容だった。

 途中出場組とそれ以外の選手たちは天野コーチを入れた8対8を実施。左膝の大けがから復帰を目指している梅崎が6カ月半ぶりにゲーム形式に加わった。その梅崎が左足シュートを決め、8対8を締めくくった。

 また、チームの始動直前に右足第5...    
<記事全文を読む>