明治安田J1リーグは11日、各地で第3節の残り6試合が行われ、清水は新潟を2-0で下し2連勝とした。

 (1)デンカS ▽観衆31014人 清水 2勝1敗(6) 2(0―0 2―0)0 新潟 1分け2敗(1) ▽得点者【清】鄭大世(2)松原(1) 【評】清水が少ない好機を確実に決めた。

 前半は無得点で折り返した。38分に野津田のFKがバーに嫌われ、直後の新潟の決定的なシュートはバーに救われた。

 後半は前線でボールを奪われる場面が増え、速攻からピンチを招いた。粘り強く耐え、31分に鄭大世の先制点につなげた。

 新潟はロングボールを主体に攻勢を強めてきたが、DF陣が冷静に対応してはね返した。終...    
<記事全文を読む>