札幌ドーム(札幌市豊平区)で11日行われたサッカーJリーグ1部(J1)第3節で、北海道コンサドーレ札幌はホーム初戦を1―1で引き分け、今季3戦目で初の勝ち点をたぐり寄せた。セレッソ大阪に先制されたものの、同点に追い付く粘りを見せ、チームカラーの赤と黒で染まったスタンドを沸かせた。

 5年ぶりに復帰したJ1の地元開幕戦には2万1760人のサポーターが詰めかけた。スタンドのボルテージが最高潮に達したのは後半28分。パスを受けたFW都倉賢選手が同点ゴールを決め、サポーターは総立ちで「やった」と歓声を上げた。

...    
<記事全文を読む>