東日本大震災から6年の11日、J1仙台は仙台市のユアスタ仙台で阪神大震災を経験した神戸と対戦した。復興の象徴として戦いを続ける両チームを、双方のサポーターは懸命に応援。共に被災を乗り越えて存分に応援を楽しむ喜びをかみしめた。

 1万4369人が来場。金色の仙台、えんじ色の神戸のレプリカユニホームを着て声をからした。

 仙台サポーターの主婦小野律枝さん(54)は、宮城県亘理町の沿岸部にあった自宅が津波で全壊した。「チームの存在が心の励みとなった。希望の光であり続けてほしい」と願う。

 神戸サポーターで神戸市の会社員小林一博さん(57)は22年前に震災を経験。「あの時を思うとサッカーを観戦できる...    
<記事全文を読む>