サッカー・J1サガン鳥栖は、リーグ戦第2節で川崎フロンターレと1-1で引き分けた。MF高橋義希選手にこの試合を振り返ってもらい、次節・サンフレッチェ広島戦のポイントを聞いた。

 最低限の結果を持ち帰ってこれたが、アウェーでも勝ちたかったので正直悔しい気持ちが強い。上に行くためにはああいう試合で勝たないと、と思っている。

 柏戦で苦しんだ立ち上がりを気を付けようと、チームで話し合って臨んだが、自分たちからリズムをつくれず同じミスを繰り返した。開始早々の失点は反省しないといけない。

 ただ、そこでバタバタすることなく落ち着いて、徐々に攻撃のリズムをつかんだことは昨季からの成長を感じた。前半34分...    
<記事全文を読む>