4日の横浜M戦に帯同した選手たちが帰札。軽めのジョギングなどで練習を終えた。J1デビューを果たしたDF進藤亮佑(20)は、失点に関わったことを反省しつつも手応えをつかんだ様子。ホーム開幕戦となる11日のC大阪戦に雪辱を誓った。また、サブメンバーらは岩教大と45分間の練習試合を行い2―0で勝利した。

 前半は守備が機能し、無失点に抑えることに成功。進藤自身も「やれる部分が大きかった。守備でお手上げと思うことはなかった」と手応えをつかんだ。しかし、後半9分の2失点目は「自分のところからやられてしまった」と反省した。

...    
<記事全文を読む>