4日、ヴィッセル神戸ホーム開幕戦「神戸新聞デー」が行われたノエビアスタジアム神戸(神戸市兵庫区)では、東日本大震災の被災地にメッセージや千羽鶴を寄せるコーナーが設けられた。寄せられたメッセージのうち50人分が11日、神戸がベガルタ仙台と対戦するユアテックスタジアム仙台のLEDビジョンに映し出される。

 神戸市中央区の会社員奥村敏夫さん(50)は「1人じゃない!皆がトモニ生きている!!」と用紙に書き込んだ。阪神・淡路大震災後、阪神高速神戸線の橋脚の耐震補強に携わった。「当時は休みなく働いた」と振り返り、「東北では被災規模が大きい。6年たっても被災者は大変だろう」と思いを寄せた。

 神戸市長田...    
<記事全文を読む>