川又の自戒を込めた一言が物語る。「今日の敗因は俺。FWが仕事をしたか、しないか。良い時間に点を取らないと負けてしまう」。磐田はゴール前の精度を欠き、ホーム開幕戦を落とした。

 前半20分。CKのこぼれ球を拾った川辺が鋭い右クロスを入れた。反対側で待ち構えた川又が右足でシュートを放ったが、力んで外した。続く中村俊の左CKも頭で合わせたが、ゴール枠に嫌われた。「決まる雰囲気はあった。1点ほしかった」。悔しさはこみ上げるばかりだ。

 開幕2戦連続無得点はクラブ初。ただ、攻撃は上向いている。C大阪戦とは違い、前半は相手ゴールを脅かす場面が多かった。両サイドバックが高い位置を取り、中盤、前線と連動し...    
<記事全文を読む>