サッカー・J1サガン鳥栖は、ホームで迎えた柏レイソルとの開幕戦に1-3と逆転で敗れた。チーム在籍12年目のMF高橋義希選手にこの試合を振り返り、次戦への意気込みを語ってもらった。(松岡蒼大) 多くのファン、サポーターが来てくれた中、勝利をプレゼントできなかったのは、チームの状態が良かっただけに本当に悔しかった。

 前半の試合運びは非常に良かった。入りはそこまで良くなかったが、徐々に鳥栖のペースに持っていくことができたし、いいタイミングで先制することができた。守備に関しても、危ないシーンもあったが、個の能力が高い柏の前線の選手相手に組織で守ることができた。

 後半与えたPKは難しい判定だった...    
<記事全文を読む>