今季初勝利を目指す大宮は4日、アウェーでFC東京と対戦する(15時・味スタ)。チームは2日、高木サッカー場で午後2時から約1時間40分の練習を行った。

 ウオーミングアップの後、6対6にフリーマン1人を加えたポゼッションゲームを実施。その後の11対11では主力組にペチュニクが入り、サイド攻撃から相手守備の裏を突く意識付けが徹底された。2本目はムルジャと長谷川の2トップが試され、前日から全体練習に合流した横谷も主力組でボランチを務めた。

 渋谷監督は「センターバックが強く、左右にボールを動かして侵入していかないと難しい」とFC東京の堅守を警戒。代表クラスが居並ぶ個人能力の高さを意識しながらも...    
<記事全文を読む>