野球の独立リーグ、ベースボールファーストリーグ(BFL)の兵庫は31日、三田市内で会見を開き、阪神などで活躍した井川慶投手(37)と25日付で選手契約を結んだと発表した。

 昨年2月から兵庫の練習に参加しており、同12月に練習生契約を結んでいた。年明けから調子も上向き、練習試合4試合に登板して計7回2失点。一定の結果を残したことから、続木敏之監督が選手契約を決断した。他の選手と同様、無給でプレーする。

 会見では2日のリーグ開幕戦での登板も発表され、同席した井川は「気持ちが高まっている。1年間、しっかりと投げられるように調整したい」と意気込んでいた。(宮崎真彦)

...    
<記事全文を読む>