プロ野球北海道日本ハムの新球場建設を核とするボールパーク構想について、学校法人八紘学園(木村宏理事長)は豊平区内の学園所有地などを候補地とする札幌市の提案を了承し、今後の焦点は球団を含め、具体的な条件面で合意できるかどうかに移る。木村理事長と札幌市の吉岡亨副市長は、ともに公益性を重視する考えを示した。28日の記者団との主なやりとりは次の通り。

 ――八紘学園は市の提案をどう受け止めましたか。

 木村氏「市民が楽しめる広場的な感覚で、公共的に土地を使うことに異論はない。ただ、ボールパーク構想の一環で、日本ハムの新球場を造る話は、市の責任で進めていただきたい」 ――市は今後、日本ハムとどう交渉...    
<記事全文を読む>