硬式野球の第35回石川逢篤杯争奪大会最終日は25日、浦添市民球場で行われ、決勝で沖縄電力が沖縄大を3-2で下し、2年連続22度目の優勝を果たした。

 初回、4番金城長靖の右前適時打で1点を先制し、五、八回に1点ずつ追加点を奪った。投げては6投手の継投で2失点に抑えた。

...    
<記事全文を読む>