【仙台支社】野球の楽天イーグルス杯第15回東北中学校選抜大会最終日は19日、仙台市のシェルコムせんだいで準決勝、決勝が行われ、本県選抜は決勝で宮城県選抜に2-0で競り勝ち、11年ぶりに王座を奪還した。

 本県選抜は二回2死三塁から瀬川颯太(雫石2年)のバント安打で先制。七回には佐藤竜大(陸前高田一2年)の適時打で2点目を追加。投げては、先発古川端晴輝(雫石2年)が5回を無失点と好投、小野寺蒼(一関・磐井2年)、清川大雅(一戸2年)との継投で相手打線を散発4安打に封じた。

 準決勝は仙台市選抜を延長八回タイブレークの末、8-4で退け、地元勢を連破して4度目の頂点に立った。【写真=決勝 岩手県...    
<記事全文を読む>