国際オリンピック委員会(IOC)は17日、韓国の平昌で理事会を開き、2020年東京五輪の追加種目、野球・ソフトボールの一部試合を本県で開催する計画について、大会組織委員会が提案したあづま球場(福島県福島市)を会場とすることを全会一致で決めた。福島県での五輪開催は夏季、冬季を通じて初めて。東日本大震災の復興支援を後押しする狙いがある。野球とソフトボールの1次リーグ1試合ずつを行う方針で、組織委はともに開幕戦の日本戦を想定している。

...    
<記事全文を読む>