2次リーグ突破がかかった大一番で、急きょ先発マウンドを託された千賀が勝利への道筋を付けた。5回を1安打無失点4奪三振の快投。「余計なことを考えず、とにかくゼロで抑える一心で投げた。それができた」と胸を張った。

 立ち上がり。いきなり先頭打者に右前打されたが、落ち着いて遊ゴロ併殺で切り抜けると、リズムに乗った。三回は先頭に死球を与え、2死三塁としたが、ここも2番打者をフォークで追い込み、最後は152キロを投げ込み、見逃しの3球三振に。結局、許した安打は一回の1本だけだった。

 150キロ超の直球と、今や本人の代名詞でもある落差の大きい「おばけフォーク」が武器。小久保監督は「いいところからフォ...    
<記事全文を読む>