長崎市の県営ビッグNスタジアムでスコアボードの改修工事が進み、間もなく完成する。動画などを映し出せるLED式のフルハイビジョンに生まれ変わり、より観戦を楽しめるようになる。14日のプロ野球オープン戦「ソフトバンク-巨人」でお披露目される予定。

 スコアボードのリニューアルは、ビッグNが1997年に完成して以来初めて。従来の電球式で使用していた電球が製造中止になったことなどを理由に、県が昨年10月に着工した。新スコアボードは選手名や得点などを鮮明に表示できるほか、静止画や動画を映し出すことも可能になる。

 さらに、バックネット裏のサブスコアボードもLED式に作り替え、ボールカウントの表示はい...    
<記事全文を読む>