小久保監督が「予想以上」と振り返った独特の緊張感。先発の石川も渦中にいた。立ち上がり。先頭打者に安打を許し、併殺で打ち取ったはずの三塁へのゴロを松田が失策。無死一、二塁と傷口が広がった。ここでこの日の流れを決めるビッグプレーが飛び出した。

 セペダに対し、注文通りシンカーでゴロを打たせた。だが打球は右翼に抜けそうな一、二塁間の強烈な当たり。それを菊池がスライディングしながら好捕。流れるような併殺プレーが完成した。「助けられた。本当に心強い守り」と石川。後続もしのぎ、最大のピンチを切り抜けた。

 先制した直後の二回は、3人で打ち取った。三回は先頭打者への二塁打から同点にされたが、四回は青木の...    
<記事全文を読む>