今春の選抜高校野球大会に出場する滋賀学園高(東近江市)の必勝祈願祭が5日、勝運の神様で親しまれている同市小脇町の太郎坊宮であった。神職による祈祷(きとう)や壮行式を通して、選手が全力プレーを誓った。

...    
<記事全文を読む>