日本代表は5日、京セラドーム大阪での強化試合でオリックスに5-3で勝って、大会前最後の試合を終えた。3-3の九回、代打秋山翔吾(西武、八戸大出)の右翼線三塁打で2点を奪った。二回に鈴木誠也(広島)が3ラン。四回に3番手の岡田俊哉(中日)が若月に同点打を浴びたが、その後は松井裕樹(東北楽天)ら投手陣が無失点でつないだ。

 六回に5番手で登板した松井裕が3者連続三振と完璧に抑えた。腕を最後まで振り切る力強い投げっぷりで次々と三振を奪い、まさに真骨頂といえる内容。これで7日から始まる本番に不安なく臨めそうだ。

 直球、変化球ともに切れがあり、「ストライク先行で投げられた」と主導権を握った。先頭で...    
<記事全文を読む>