しんきんカップ第47回県中学選抜野球大会(県野球連盟、静岡新聞社・静岡放送主催)は4日、島田球場で準決勝を行い、吉田(榛原)が長泉(駿東)を1―0で退け、東海大翔洋(中部推薦)は菊川西(小笠)に競り勝って決勝に進んだ。決勝進出は吉田が2年ぶり、翔洋が3年ぶり。

 吉田は先発左腕松本蓮が長泉打線を2安打完封し、五回に松本の適時打で決勝点を奪った。翔洋は主戦鈴木瞳吾が菊川西を1安打に抑え、遊撃手の小林亮太が2安打と好守で援護した。

 決勝は5日午後1時から島田球場で行う。

 ■4日の結果 ▽準決勝 吉田 1―0 長泉 東海大翔洋 1―0 菊川西

...    
<記事全文を読む>