社会人野球のヤマハで3年目の飛躍を期す右腕鈴木博志(磐田東高出)。昨年5月の都市対抗東海地区2次予選で最速154キロをマークし、今秋のドラフト候補に躍り出た。「チームの柱となり、都市対抗優勝と日本選手権連覇に貢献したい」と意欲を燃やす。

 「冬を越えるたびに一歩ずつ進んでいる実感がある」。鈴木が成長の目安にしてきたのが球速だ。「誰にでも出せるものじゃない。可能性があるなら求めてみようと思った」 高3で右肘を手術したため、1年目は体づくりに専念した。筋力トレーニングで体重は10キロ増、背筋は250キロに。秋のオープン戦で148キロをマークし、2年目の春は152キロに更新。今年は158キロ到...    
<記事全文を読む>