ベースボールファーストリーグのオープン戦が1日開幕し、兵庫県三田市を拠点とする兵庫ブルーサンダーズ(ブルサン)練習生で、プロ野球阪神などで活躍した井川慶投手(37)が、アメニスキッピースタジアム(三輪)であった試合で先発登板した。実戦は約1年5カ月ぶりといい、「マウンドに立てるのは良い気分。真っすぐの威力を上げていきたい」と意気込んだ。

 井川投手は阪神や米大リーグのヤンキースなどでプレー。オリックスから戦力外通告を受けたが、「まだまだ勝負したい」と昨年12月、ブルサンと練習生契約を結んだ。

 ファンらがカメラを構える中、井川投手が登場。和歌山ファイティングバーズ打線を前に、持ち前のストレ...    
<記事全文を読む>