野球の独立リーグ、ベースボールファーストリーグ(BFL)のオープン戦が1日開幕し、兵庫の練習生で、プロ野球阪神などで活躍した井川慶投手(37)が、三田市のアメニスキッピースタジアムであった和歌山戦に先発登板した。

 立ち上がりは制球が安定しなかったが、二回は持ち前のストレートで三者連続三振を奪う好投。2回1失点でマウンドを降りた。井川は「6、7割は仕上がっている」と話した。兵庫では、オープン戦で結果が出れば本契約を結ぶという。(山脇未菜美)

...    
<記事全文を読む>