【名護】名護市で2月25日に行われた「『ありがとう! 名護市営球場』セレモニー」で、名座喜少年野球チーム主将の久高凌将(りょうま)君(11)=大宮小5年=が地元の野球少年を代表して堂々とあいさつした。今月末に老朽化で取り壊しが始まり、今後新しく生まれ変わる名護市営球場に感謝した。

 久高君は2年生の時に先輩が名護市営球場で試合をする姿を見て、自らもここでプレーしたいという目標を持ち続けていたと言う。昨冬の大会でついに球場に立った。「(新球場ができる)3年後には中学2年になっている。球場の思い出を忘れず、大会の時には優勝旗を持ってダイヤモンドを一周したい」と思いをはせた。

 セレモニーに出席...    
<記事全文を読む>