BCリーグの信濃グランセローズは30日、中野市営球場で富山サンダーバーズとオープン戦を行い、9―0で勝った。信濃は後攻だが、両チームの申し合わせで九回裏まで行った。

 信濃は2点リードの五回、1死満塁から船崎の左越え本塁打などで一気に5点を奪い、試合の大勢を決めた。投手陣は漆戸、ロン、先生の3人が登板し、今季の対外試合で初めて無失点だった。

 信濃は31日、富山県高岡市の城光寺野球場で再び富山とオープン戦を行う。写真説明:4回を投げ、無失点に抑えた漆戸

...    
<記事全文を読む>