BCリーグの信濃グランセローズは28日、埼玉県鴻巣市のフラワースタジアムで武蔵ヒートベアーズとオープン戦の初戦を行い、4―4で引き分けた。

 信濃は1点リードの四回、2番手の高井が2点本塁打を許して逆転された。七回、1死二塁から柴田、新村の連続適時二塁打で逆転に成功。だが八回に6番手の浅見が無死から2連打を浴び、追い付かれた。

 信濃は29日、中野市営球場で石川ミリオンスターズとオープン戦を行う。

...    
<記事全文を読む>