ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは24日、大阪市の舞洲サブ球場でオリックスの2軍と交流戦を行い、1―7で敗れた。

 福井は三回、浜崎裕太の右中間三塁打と内野ゴロで先制。中盤以降は荒道好貴、中溝雄也の二塁打などで好機をつくるも、あと1本が出ず1得点で終わった。

 先発のイム・テフンは5回3失点と試合をつくった。浜岡秀輔、藤岡雅俊も1回ずつ投げ無失点と、安定感のある投球を披露した。▼交流戦福井001 000 000…1001 114 000…7オリックス(福)イム、岩本、浜岡、藤岡―中溝、片山(オ)吉田凌、八木、角屋、佐野―赤松▽本塁打 武田(オ)▽三塁打 浜崎(福)▽二塁打 荒...    
<記事全文を読む>