BCリーグの信濃グランセローズは15日、長野市の長野オリンピックスタジアムでキャンプ入りした。今年は寒さでまだ土が硬い中野市の本拠地を避け、スパイクに早く慣れるため、初めて同スタジアムをキャンプインの地に選択。4月8日の開幕に向けて始動した。

 初日は午後1時に本格的な練習を開始。ランニングなどで体を温めてから、シートノックや打撃練習、ブルペンでの投球練習などをし、4時間にわたって汗を流した。

 練習開始に先立ち、竹内球団社長が「しっかり準備して、活躍できるようにしてほしい」と激励。本西監督は「強い気持ちでやってほしい」と選手に呼び掛けた。

 チーム最長の在籍7年目となる新村は「昨年レギュラ...    
<記事全文を読む>