プロ野球独立リーグのルートインBCリーグは10日、今季の全日程を発表した。今季から信濃グランセローズが所属する西地区に滋賀ユナイテッド、東地区に栃木ゴールデンブレーブスが参戦。5球団ずつの2地区に分かれて、今季も前後期制で争われる。

 昨季は前後期とも36試合の計72試合だったが、今季は前期が1試合減り計71試合となる。リーグによると、2球団増えたなかで試合数をそろえた結果という。公式戦として扱うNPB(セ・パ両リーグ)ファームとの交流戦は、昨季の7球団から今季は巨人3軍と楽天2軍のみの参加。楽天は移動などのコスト面から、東地区のみの対戦となる。

 信濃は同じ西地区の富山、石川、福井、滋賀...    
<記事全文を読む>