野球の独立リーグ、ルートインBCリーグに参入して3年目の福島ホープスが初のリーグチャンピオンを目指す。前期、後期とも2位に終わった昨季から大幅に選手が入れ替わった。新生ホープスの開幕戦は4月8日。米大リーグやヤクルト、東北楽天で活躍した岩村明憲監督兼任選手(球団代表)は「新戦力が多く、楽しみ」と強化に余念がない。

 今月上旬、須賀川市いわせグリーン球場であった練習。「こういうイメージで」「そう、今の感じ」。岩村監督は選手とノックの守備練習に励み、身ぶり手ぶりを交えてグラブさばきを指導した。

 同リーグは新たに栃木と滋賀が加わり、計10球団となった。東西両地区に分かれて前後期のリーグ戦を行い...    
<記事全文を読む>