野球の独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は9日、小山市内で新入団選手の記者会見を行い、辻武史(つじたけし)監督や選手らが参入1年目のシーズンに向けた意気込みを語った。

 会見には監督・コーチ陣とコーチ兼任の2人を含む23選手が、金色を基調とした真新しいユニホーム姿で登場。藪下和弘(やぶしたかずひろ)球団代表は「子供たちに夢を与え、県民に愛される球団を目指して頑張りたい」とあいさつした。

 辻監督は今季の目標について「一人一人が持っている個性を伸ばし、スペシャリスト集団をつくりたい。その過程の中で各選手が自分の仕事をこなせれば、おのずと結果はついてくる」と勝利...    
<記事全文を読む>