県内のプロスポーツ三チームが連携して開く健康スポーツ交流事業が三日、高岡市姫野のジム「トータルフィットネスアルプス」であり、会員のお年寄りと選手らが一緒に体を動かし交流を深めた。

 三チームはプロ野球独立リーグ・BCリーグの富山GRNサンダーバーズとサッカーJ3のカターレ富山、バスケットボールBリーグの富山グラウジーズ。

 会員三十人と選手六人が輪になって椅子に座り、和気あいあいとした雰囲気の中で、カターレの旗を使った旗揚げゲームやサッカーボールを隣の人に回すなど各チームにちなんだ軽い運動に取り組んだ。

 タオルを顔の高さから落とし、手を三回たたいてキャッチするゲームでは、会員が苦戦する中、...    
<記事全文を読む>