BCリーグの信濃グランセローズは28日、長野市内で新入団選手の記者会見を開いた。就任2年目となる本西厚博監督は今季のスローガンに「信力」を掲げ、12人の新入団選手が抱負を語った。

 本西監督はスローガンの意図について「自分を信じ、チームメートを信じる。私としては選手を信じ、自分の采配を信じる。それをパワーに戦っていこうという思いを込めた」と説明。今季の主将に選ばれた3年目の柴田悠介捕手は「とにかく泥くさくチームを引っ張っていきたい」と決意を話した。

 地球環境高出身の漆戸駿投手と加藤頼内野手、上田西高出身の小林峻外野手の3人が加わり、県内出身選手が計7人となった。「優勝して長野県を盛り上げ...    
<記事全文を読む>