プロ野球が31日に開幕するのに合わせ、東京都内に2カ所ある阪神タイガースショップも気勢を上げている。両店とも、神宮球場や東京ドームで使用が認められない甲子園球場名物「ジェット風船」は置かないが、東京でしか手に入らないオリジナルグッズなどを販売。敵地で「今年こそ」と意気込む虎ファンを全力応援する。

 渋谷区の神宮店はヤクルトの本拠、神宮球場近くで、約80平方メートルに2千点をそろえる。人気商品の一つが、東京タワーのイラストが入った応援用メガバット「江戸っ虎(こ)」だ。

 試合日には400~500人が訪れ、入店を規制することも。ナイターの日にも試合終了後1時間半は店を開け、観戦帰りのファンを待...    
<記事全文を読む>