日本ハムの開幕戦以降の先発ローテーションが固まった。開幕戦の有原の後は4月1日がメンドーサ、同2日が新外国人のエスコバー。ロッテ3連戦は4日が高梨、5日が加藤、6日は斎藤が濃厚だ。上沢は7日のオリックス戦に登板する見通し。

 有原、メンドーサ、高梨、加藤に次ぐ5、6番目の枠を、エスコバー、斎藤、上沢、村田、上原、石川直らで争っていた。

 斎藤は30日の2軍戦DeNA戦(平塚)に登板し、5回6安打2四球2失点。一回1死一、三塁から、詰まった打球が三塁線を抜ける不運な二塁打で2点を失った後は立ち直った。登板予定の7日前に実戦で投げて調整したとみられる。「ここまで打ち込まれた時もあったけど、いい...    
<記事全文を読む>