開幕先発ローテーション入りが内定している千葉ロッテのドラフト1位新人・佐々木(桜美林大)が30日、2軍のヤクルト戦(ロッテ浦和)に先発登板。4回1/3を4安打2四球5失点(自責点3)と、先発が予想される4月6日の日本ハム戦(ZOZOマリン)に向けて不安を残した。

 佐々木は「徐々に良くなってはいると思う。ただ、まだまだやらないといけないこともある。きょうのピッチングをしっかりと反省して、また取り組んでいく」と球団を通じてコメントした。

...    
<記事全文を読む>