東北楽天は30日、オリックスとの開幕戦(31日午後6時半開始)に向けて京セラドーム大阪で約2時間、最終調整した。

 投手陣は、インフルエンザ感染のために離脱した岸に代わって開幕投手を務める美馬らが和やかな雰囲気の中、軽めに練習した。バッテリーと内野による守備練習も行われ、2月に右足を負傷した嶋が軽快な動きで順調な回復ぶりを印象づけたほか、2013年5月以来となる二塁手で先発する銀次も危なげないグラブさばきを見せた。

...    
<記事全文を読む>