東北楽天は就任2季目の梨田監督の下、球団史上初の日本一に輝いた2013年以来の上位進出を目指す。31日のオリックスとの開幕戦(京セラドーム大阪)を前に、今季の戦力を東北楽天取材班が分析した。<エース2人で安定> 岸がインフルエンザに感染して開幕投手を回避する衝撃は大きかったものの、開幕後の早い段階で戻れる見通しだ。4季連続2桁勝利の則本とともに、今季のチームの看板「ダブルエース」体制は揺るがない。昨季は5月に泥沼の9連敗を喫したが、今季は2人の存在により、ある程度安定した戦いを続けられるのが最大の強みだ。

 岸は過去10季で103勝し、1500回以上投げた経験と実力があり、計算が立つ。過...    
<記事全文を読む>