中国新聞社は31日、広島東洋カープの今季のキャッチフレーズ「カ舞吼(かぶく)!―Kabuku―」にちなみ、顔などに貼って応援の一体感を高めるシールを発売する。マツダスタジアム(広島市南区)で同日ある阪神との開幕戦で先着4千人に無料で配り、新たな応援スタイルとして定着を図る。

 歌舞伎独特の化粧法である隈(くま)取りをイメージした樹脂製のシールで、縦15センチ、横10センチのシートに左右一対計6枚とカ舞吼のロゴマーク2枚を印刷している。目の下や頬、腕などに貼って楽しむ。

 1シート入り(300円)と4シート入り(千円)の2種類を、スタジアム1階ボールパークステーションで31日に売り出す。球場...    
<記事全文を読む>