狙うは1軍完走だ―。日本ハムの石川直也投手(20)が3年目にして初めて開幕1軍入りを手中にした。リーグ開幕を前にした28日の1軍練習(札幌ドーム)に参加。ランニングやキャッチボールなど、軽めの調整を行った。期待の本格派右腕が念願の1軍舞台でブレークを果たし、連覇を目指すチームの貴重な戦力となる。

 初めて味わう感覚。心地よい緊張感が、その身を包む。自身初の開幕1軍を確実にした石川直。練習を終え「正直、良かったです。やっとプロのスタートラインに立てました」。表情は自然と緩んだ。

...    
<記事全文を読む>