31日のプロ野球開幕を控え、阪神タイガースの金本知憲監督と選手、球団関係者らが28日、兵庫県西宮市大社町の広田神社を参拝し、必勝を祈願した。

 同神社での必勝祈願は1936年から続く。参道を埋めた約800人の虎ファンらから「頑張ってください」などと声援を受け、新戦力の糸井嘉男選手らはユニホーム姿で拝殿へ。金本監督と坂井信也オーナーらが玉串を奉納し、全員でかしわ手を打った。

 長年のファンという西宮市上ケ原八番町の男性(76)は「勝負事はふたを開けてみないと分からないが…。少なくとも巨人には勝ってほしいわ」。鳥谷選手のユニホームを着た大阪府豊中市の小学5年生(11)は「優勝してほしい」と力...    
<記事全文を読む>