野球ファンのみならず、日本中が熱狂したワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が終わりました。日本は準決勝で敗退し、決勝ラウンドでは東北楽天の則本昂大、松井裕樹両投手の出番はありませんでした。

 ただ、練習試合であっても、海外での慣れない環境、マウンドで、大リーグの打者と対戦できたことは貴重な経験になったのではないでしょうか。

 プロ野球開幕まであと3日となりました。東北楽天は岸孝之投手が加入し、則本との二枚看板になりました。安楽智大投手はけがで離脱しましたが、美馬学、釜田佳直両投手は好投を見せています。リリーフ陣も新人の菅原秀(大体大)森原康平(新日鉄住金広畑)高梨雄平(JX-ENE...    
<記事全文を読む>