東北楽天の梨田昌孝監督は27日、仙台市のコボパ宮城であった全体練習後、31日のオリックスとの開幕戦(京セラドーム大阪)の先発投手に、インフルエンザで離脱した岸の代わりとして美馬学を指名した。

 美馬は入団7年目で初の開幕投手を務める。オープン戦では尻上がりに調子を上げ、3試合で計12回を投げ防御率2.25の成績だった。当初は開幕カードのオリックスとの3戦目(4月2日)で先発が見込まれていたが、前倒しでの起用になる。梨田監督は「(日本シリーズという)大舞台も踏んでいる。責任感を持ち過ぎず投げてもらいたい」と語った。

 美馬は初の大役に「何となくあるかもしれないと思っていた。任されたからにはや...    
<記事全文を読む>