プロ野球東北楽天のオリックスとの開幕戦(31日、京セラドーム大阪)を前に、シーズン壮行式が27日、仙台市のJR仙台駅の東西自由通路で開かれた。

 東北楽天を支援する官民組織「楽天イーグルス・マイチーム協議会」などが主催。ファン約300人が集まり、協議会の一力雅彦副会長(河北新報社社長)が「ペナントレースがいよいよ始まる。楽天イーグルスと地元の私たちは常に心一つ。共に頑張っていきましょう」とあいさつした。

 チームから選手会長の銀次内野手、主将の嶋基宏捕手、エースの則本昂大投手らが出席。梨田昌孝監督は「ファンの皆さんの力を背に、優勝争い、そして優勝できるよう頑張りたい」と力強く語った。

 この...    
<記事全文を読む>