十分な手応えをつかんで、開幕を迎えられそうだ。千葉ロッテはオープン戦最終試合の巨人戦を完封勝ち。25年ぶりのオープン戦1位となる13勝2敗3分けで、31日の敵地でのソフトバンク戦に臨む。伊東監督は「良い結果を残せた。このまま公式戦でも良い形で戦いたい」と本番を見据える。

 好調を維持する投手陣が、この試合も結果を残した。先発の唐川が力強い直球を軸に5回3安打無失点。四球はゼロで「テンポ良く投げられた」とうなずけば、六回以降は5人の投手を細かくつないで巨人打線に二塁すら踏ませなかった。

 オープン戦のチーム防御率は12球団唯一の1点台となる1・46。確定済みの涌井と石川以外の先発枠争いはスタ...    
<記事全文を読む>