台頭著しい安楽智大が右太ももの負傷で長期離脱したのに続き、開幕戦先発予定の岸孝之までが短期的とはいえ、チームを離れた。開幕まで1週間を切った中、不測の事態の連続に、梨田昌孝監督は「開幕戦から岸、安楽と先発させようと思っていたのに…。白紙に戻ってしまった」と困惑の表情を隠さなかった。

 岸の代役として、当初4月4日の本拠地開幕戦に先発予定だった則本昂大を繰り上げることもあり得る。ただWBC日本代表から25日に復帰したばかりで、疲労度に配慮する必要がある。梨田監督は「可能性はゼロではないが、できるだけ避けたい。WBCを終えてからの調整が難しいだろうと思って、岸に開幕投手を任せようとしたわけだ...    
<記事全文を読む>