東北楽天の安楽が右太もも裏のけがで開幕からの先発ローテーション入りが絶望的になったことを受け、チームはローテ再編を強いられる。オープン戦の最後を締めくくる25、26日の中日戦(ナゴヤドーム)には当初安楽、美馬が先発予定だったが、急きょ美馬を25日に前倒しし、26日には高卒4年目の古川が先発することになった。

 安楽はオープン戦を通じて安定した成績を残し、開幕投手の岸に続く2戦目(4月1日、オリックス戦)の先発に内定していた。離脱により先発枠に一つ穴が空き、オープン戦終盤から中継ぎ調整をしていた古川が候補に躍り出た。

 与田投手コーチは「古川が駄目なら2軍の投手を上げるが、基本的には今1軍に...    
<記事全文を読む>