右ふくらはぎの負傷から16日に実戦復帰した嶋基宏が、初めてオープン戦でフル出場した。「七、八、九回が一番しんどい所だが、出られたのは良かった」と安堵(あんど)の表情を見せた。

 待たれた初安打も出た。2-1の七回、無死一、二塁からバスターで痛烈な左前適時打。次の九回の打席も左前にクリーンヒットを放った。「バスターでバットの出方が少しつかめてきた」と手応えを語った。

 開幕投手の岸を5回1失点と好リード。「オリックス戦へ、2人でしっかり話し合っていきたい」と開幕マスクも視野に入った。梨田監督は「ヒットを2本打ってホームにもかえった。嶋はもう大丈夫ではないか」と喜んだ。

...    
<記事全文を読む>